シンプル・シモン

2014.05.25

シンプルシモン

シンプルシモン

 

シンプルシモン

シンプルシモン

 

シンプル・シモンというスウェーデンの映画を観てきました。

北欧デザインの魅力がいっぱいのハッピーな映画。

主人公のシモンはアスペルガー症候群で、他人と上手くコミュニケーションがとれません。

シモンはいつも宇宙にいて(イメージね)そこは完璧に美しく調和のとれた世界。

だから、シモンはブルーが好き、丸が好き。

丸というカタチはそれで完結しているという安定した美しさがあるので、永遠に変わらないものを求めるシモンは何でも(サンドイッチでさえも!)丸にしてしまいます。

丸いスケジュールボードなど、細かいところにいろいろ素敵な雑貨がちりばめられているのも楽しい。

シモンの部屋にはブルーに幾何学的モチーフの壁紙が貼ってあるんだけれど、そのブルーの色加減や模様が少しノスタルジックな感じでお洒落です。

宇宙のイメージをハイテックな感じにしないところが、やっぱり北欧のセンスかな。

一方、ヒロインのイエニファーという女性は、かなりヴィヴィッドなイメージの存在で(もちろんお部屋も)シモンの世界をいい意味でかき乱してくれる。

この対比というか組み合わせはヴィジュアル的にもなかなか新鮮です。

シモンのキャラクターもいいし、北欧デザインの素敵がたくさん味わえる映画でした。