House FK

事例写真一覧

(※クリックすると拡大します)

  • FKのプラン bifore-after
  • House FK ダイニング
  • FK-010
  • House FK 廊下 障子のような引戸
  • HouseFK 子供部屋
  • FK-005
  • HouseFK 玄関
  • FK-009
  • HouseFK玄関収納
  • FK-008
House FK

引戸でつながる 部屋が広がる

戸建て住宅1階部分のリノベーション

自分たちの暮らしに「ほんとうに必要なものとそうでないもの、
これは、わかるようで案外見えにくいものです。
だから、私たちはクライアントとできるだけたくさんのいろんな話をする。
家のことだけではなく、食べ物のこと、着るもの、本、音楽………
そんな中から次第に暮らしのイメージが輪郭をあらわしてくるのです。
 
 ここでは、打合せでご自宅にお伺いするたびに、ご夫妻の丁寧な暮らしぶりが伝わってくるようでした。
クライアントのFさんは、大切な事や必要なものの判断が的確でぶれることがなかったため、設計者である私も、実際にものを作る施工者も、Fさんの想いをきちんとくみ取り、最善の方法でかたちにすることに集中すれば良かったのです。

 産まれてくる赤ちゃんを迎えてご家族3人での新しい暮らしが始まるという時期。
67㎡の中に水廻りも含めた居住スペースを確保していくと、ひとつひとつのゾーンをそれ程ゆったりととることはできません。
そこで、壁ではなく、引戸によってそれぞれの空間を流れるようにつなぐことをイメージしました。

 産まれてくる赤ちゃんのために用意した、キッチンと寝室に使う和室の間にある小さなスペース。
お料理好きなママは、キッチンからいつも赤ちゃんの様子がわかりますし、キッチンと子供部屋と和室の3つの空間が引き戸でつながっているので、状況に応じて広々と使うことができます。
天井いっぱいの引戸を上吊りで使用すると、開けた状態ではほとんど扉としての存在感がなくなり、スライドする軽い壁といった趣で空間が自由になります。
廊下に面した部分は、樹脂加工をした強化和紙を貼った障子のような引戸にし、柔らかく光を通すことによって、圧迫感のない優しい空間になりました。

樹脂加工した強化和紙による引戸

物件情報

  • ■ 東京都練馬区
  • ■ 構造:重量鉄骨造2階建て
  • ■ 家族構成:夫婦+子供1人
  • ■ 施工面積:67㎡